雑色駅から徒歩8分 一日3名までお預かりの お家のように安心できる保育園


認可外保育施設だからできる少人数の丁寧な保育
Family Supportむぎっこ

Tel 03-6325-8501

わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。
見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。

新約聖書 コリントの信徒への手紙Ⅱ 4章18節

大切にしていること

子どもとの愛着(アタッチメント)を大切にする生活をします。
他の動物とは違い、人間の赤ちゃんだけは一定の休みをとりながら、母乳やミルクを飲みます。
そして、休む度に飲ませてくれている人の様子を見つめます。

一体、なぜでしょうか?

人間は栄養摂取からだけではなく、生きるためにコミュニケーションを求める存在だからだと考えられています。
「人はパンだけで生きるものではない」

新約聖書ルカによる福音書4章4節

むぎっこでは英語を教えたり、体操をさせたりすることはありません。ただ、子どもたちの心の声に耳を傾け思いに応えます。子どもは十分に愛されていると感じることで人が最初に直面する発達とされる基本的信頼感が育ちます。

むぎっこのいちにち

一定のリズムで見通しを持ちながら安心して生活ができるようにしています

時間

月曜日〜金曜日(土日・祝日休み)
8時30分〜17時30分(応相談)

1日の流れ

8:30
開園
10:00
おやつ (むぎっこで用意します)
(2回食の場合はお弁当とミルクをご用意ください。)
11:30
昼食  (お弁当の用意をお願いします。)
12:30
おひるね
15:00
おやつ (むぎっこで用意します)
(2回食の場合はお弁当とミルクをご用意ください。)
17:30
閉園

お預かりについて

むぎっこオープンデーのご案内

毎月第3金曜日14時30分〜16時30分むぎっこで自由に遊べます。
気軽に遊びに来てください。

対象

生後8カ月~3歳(応相談)

料金

月ぎめのお預かり

料金

入園料 30,000円
0歳児 70,000円
1歳以上60,000円
おやつ、雑費代2,000円

保育開始前にお振込みをお願い致します。

お預かりの流れ

事前にご連絡の上、お子さまと一緒に見学をお願いいたします。
(①母子手帳②お迎えに来る方とお子さまのお写真をお持ちいただくとスムーズにご契約できます。)

時間のお預かり

料金

1時間        1,000円
1時間以降 30分毎 500円

お預かりの流れ

初回は事前にご連絡の上、お子さまと一緒に見学をお願いいたします。
利用日の2日前、18時までにお預かり料金をご持参ください。

ご利用日の2日前までにキャンセルのご連絡をいただいた場合は、全額返金致します。
それ以降に、遅刻やキャンセルをされた場合、返金はありません。延長料金は追加で降園時にお支払いをお願いします。

2019年10月1日から幼児教育・保育無償化が始まります。むぎっこでも、住民税非課税世帯でお住まいの区市町村より「保育の必要性の認定」を受けた方に対して、月額42,000円までの利用料が無償化されます。

むぎっこに関わる人

保育士:柳井 久美

1979年12月24日生まれ
大分県出身
聖和大学短期大学部保育科卒業
趣味は銭湯めぐり
特技は20分で作る晩ごはん(味はともかく、早く作れます)
働きながら子育てをしてきて10年以上が経ちました。

左から 桐山 塁(垂穂キリスト教会 牧師)
中央  箱木 志保(教会員、運営のお手伝いします)
右   矢野 仁  (教会員、運営のお手伝いします)
その他、教会に集う人やその家族など色々な世代の人がきます。


垂穂キリスト教会の中でお子さまを丁寧にお預かりします。

「広々とした教会の建物を日曜日にクリスチャンだけが使うなんてもったいない!」むぎっこが設立した背景のひとつにはそんな思いもあります。 ですから子どもたちをクリスチャンにしようと教育したり、お家の方に日曜日に教会へ来るように義務付けること、献金をお願いすることはありません。 また、子どもは発達課題を自分自身で見つけ出し成長していこうとする力があり、そのタイミングや速度は、驚くほどに十人十色です。 むぎっこでは、自由な環境の中で自分の興味のある遊びを思う存分に楽しむことを大切にしています。

連絡先

電話 : 03−6325ー8501
Email : mugikokawaii@gmail.com

アクセス

東京都大田区南六郷2−19−14 垂穂キリスト教会内
京浜急行 雑色駅から徒歩8分
専用駐輪場あり
近くに有料駐車場あり

垂穂キリスト教会

お子さまの様子

むぎっこ通信

2018年5月27日『Family Support むぎっこ』 柳井久美

初夏を楽しむことのできる恵み

暑い日と寒い日が交互にやってきて、食べるものにも着る洋服にも悩む日々が過ぎゆき、からりとした爽やかな風に初夏の喜びを感じます。 今、一時保育でお預かりしている1歳の女の子は、なんと!目黒区から通っています。 雨の日は電車とバスを乗り継ぎ、晴れの日はお母さんの自転車の後ろに揺られながら通っています。 むぎっこに来るだけでお母さんも女の子もひと仕事のように思いますが、頑張ってお母さんにバイバイすると、「さあ!遊ぼう」というように、 お部屋で型はめを楽しんだり、ぬいぐるみにレンゲでご飯を食べさせてあげたり、自分から遊びを見つけて楽しんでいます。お天気のいい日は、 隣の空き地に朝と昼過ぎの2回お散歩に行っています。朝、桶に水をはっておくと遊ぶ時間には温かなぬるま湯になっていて驚きます。 桶に手を入れて水しぶきをあげてバチャバチャと楽しんだ後「よいしょ」というように桶の片方を持ち上げて、水をザバーッと流すと、 今度はそこにできた水たまりに両足を入れてジャパジャパと水を足で楽しんでいました。見守っているだけで、次から次へと遊びを展開させていく 姿に小さな体に秘められた生きる力を感じます。こうして思いっきり自然に親しむ姿を見守ることができる環境に本当に感謝しつつ、移り行く季節の時々を楽しんでいきたいと思います。

アート教室ぶどうの木×むぎっこイベント開催決定!

むぎっこが開園してから垂穂教会で月に1回開かれているアート教室ぶどうの木、臨床美術士の小林多美子先生とお話しする機会が増え「いつかコラボイベントやりたいね~。」などと話していました。そんなある日、私の学生時代の恩師から大量に画材をいただき、多美子先生にご連絡したところ7月14日(土)に念願が叶うことになりました。テーマは「はじめての色遊び」です。対象年齢は1歳~3歳未満の子どもとご家族の方です。親子でにじみ絵を楽しみます。参加費は1,000円(おやつ付き)です。14時30分~16時00分までです。定員は10名です。ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ご案内をお願いします。後日お知らせをご用意いたします。

励まされながら一歩、一歩

4月、5月と定期でのお預かりがありませんでした。しかしこの間、卒園児や保護者、教会員のみなさまをはじめ、むぎっこに関わる方々にどれほど励まされたことか計り知れません。先日は貴重なお休みの日に卒園児の保護者と教会員の方のご家族が集まり、HPについてのアドバイスをいただきました。お忙しい中、何度も会計報告を見てくださった方、お会いする度に声をかけて励ましてくださる方々など、本当に多くの方に支えられています。 弱く、もろい私の心が何度も折れる中、それでもこうして存続している事は、単純に私の思いや努力では決してないことを感じずにはいられません。そして心が折れ立ち直る度に、改めて恵みの数々を受けることによって、何度も何度もむぎっこの存在の奇跡を感じます。そして、その喜びが今日も私の原動力の源になっています。子どもをお預かりできる事を願いつつ、同時に恵みでいっぱいに溢れたこの4月、5月に心から感謝しています。



沢山の献品、献金、ありがとうございました!
タオル等、十分にいただきました。感謝して使用させていただきます。

おうちに使わないシール(柄や大きさは問いません)が眠っていたら
献品をお願いいたします。
(一歳前後から指先が使えるようになり、貼ったり、剥がしたりして楽しみます。)


ある日の連絡帳

フラットな壁にもつかまり立ちできるようになり、どんどん自信がついてきているようで、ちゃぶ台につかまると片手を離して、バランスを崩してぶつけたり、泣く事が増えましたが、自分に負けず、何度も挑戦しています。お怪我をしないように、なるべく近くにいたいと思います。自分の世界から少しずつ周りが見えるようになり、お友だちが使っていて揺れたりするものを「ちょっと貸してね」というように取る姿が出てきましたが、「今は〇〇ちゃんが使っているから、〇〇でいい?」と言うとそちらの代替品のもので納得してくれます。自我が芽生えて代替品では納得できなくなる日の訪れの予感を感じながら、その自我とやりとりして楽しむ日が待ち遠しい気持ちで、今は素直な〇〇ちゃんの姿を見つめています。

(9か月の女の子)



お問い合わせ